« やずや、やずや | トップページ | おばあちゃん »

2006年3月11日 (土)

ホアンホアンって

VFSH0019 Mちゃんと上野の国立科学博物館に行ってきました。

恐竜やさまざまな動植物の展示、電気、磁気など、私たちの身の回りでおこっている物理現象を体感・実験することができるコーナーなど、子供が好きそうなものがたくさんあるためか、子供連れの家族が多かったです。女性2人組みっていなかったかも。

動物の剥製がたくさんあって圧倒されました。 中でも特に印象的だったのは、写真のパンダの剥製。これは、あの有名な「ホアンホアン」の剥製だとか。 ホアンホアンって剥製になっていたんだ。。。知らなかったよー。

そして、個人的に一番興味深かった展示物は「クジラの腸に住む寄生虫」。

昔、学校帰りに、ひとりで目黒寄生虫館に寄るのが楽しみだった私にとってはうれしい発見でした。

ちなみに目黒寄生虫館は、今はデートスポットとして人気ですが、昔は木造平屋建てで全くひとけがなく 「ご自由にお入りください」というサインが掲げられたドアを開けると、蛍光灯がチラチラしているような、 ちょっと薄暗い感じのムード満点な展示室でした。

今日は、地球にはさまざまな生物がいるのねーと改めて実感した1日でした。

今日の一言「小梅太夫のネタは字余りだ。。。」 

|

« やずや、やずや | トップページ | おばあちゃん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事