« ハウス・オブ・ローゼの絹軽石! | トップページ | グラマシー・ニューヨークのあまおうロールケーキ&マンゴープリン! »

2007年3月10日 (土)

ラスト・キング・オブ・スコットランド

Last_king

映画館にて『ラスト・キング・オブ・スコットランド(THE LAST KING OF SCOTLAND)』を観ました!

この映画でアカデミー主演男優賞に輝いたフォレスト・ウィテカー

彼を観ると、いつも思い出すのが鶴瓶師匠・・・・ではなく(笑)、

ジム・キャームッシュ監督の『ゴースト・ドッグ』で武士道を崇拝する日本オタク(?)の殺し屋!Ghost_dog

←『ゴースト・ドッグ

この映画、観てないんですけど、テレビの映画紹介番組で流れた映像がものすごい印象的だったので。

そして、今回『ラスト・キング・オブ・スコットランド』で彼が演じたのは、実在したウガンダの独裁者・アミン大統領。

「あみん」=「♪待つわ~」

しか思い浮かばない私は(年齢がバレる(^^;))、アミン大統領のことはかろうじて名前を知っていた程度・・・

でも、人なつっこい笑顔でカリスマ的な人気を博したアミン大統領が非情な独裁者になっていく過程や、ウィテカーの迫真の演技が観たくて、私にしては珍しく前売券を買って初日に観ました。

観た感想ですが・・・・

すごい迫力!

そして、

ヘタなホラーより怖い(@0@)!!

チラシに載っているキャッチコピー、

「何よりも恐ろしいのは、人間の本性」

を実感しました。

そして何よりウィテカーの迫真の演技は一見の価値ありです!

魅力的かつ残酷という二面性を持つ人物を見事に演じきっています。

ウィテカーは実在のアミンに近づくためスワヒリ語を学び、体重を20kg増やしたんだとか!

そのかいあって、現地の人が「はっ」とするほど、本物そっくりになったようです。

でも映画を観てわかったのですが、この映画の主人公は厳密に言うと、スコットランド人青年医師・ニコラス(架空の人物)。

このニコラスの視点でストーリーが展開していくのですが・・・

この人、行動が軽率すぎるような気が・・・(-_-;)

(特に女性関係)

若さゆえのことなんでしょうけど。

アミンに気に入られ喜んでいた彼が、その後とんでもない事態に巻き込まれていく過程は、ほんとうにハラハラしました。

特に後半の、実際に起こったハイジャック事件を絡めた怒涛のストーリー展開はすごかった!

観終わった後、しばらく放心状態になりました・・・

そんな中、エンドロールで(私にとって)意外な人物を発見!

それは・・・

Xfiles Xファイルのスカリー捜査官ことジリアン・アンダーソン!

前半に結構出てきてたのに、

「見たことあるなあ~。この女性」

って思った程度でエンドロール見るまでまったく気づきませんでした・・・

一時はめちゃくちゃXファイルにハマってたのに・・・(-_-;)。

しかし、この映画、本当に見ごたえがあり自分的には観てよかったと思うのですが・・・

ショッキングなシーンも少しありますので(R-15指定)、そういうのが苦手な方は気をつけた方がよいかも。

今日の一言「アミンは疑心暗鬼に駆られた孤独な独裁者だった・・・」

↓この記事が気に入ったらクリックしてね↓
    ★blogランキング★

|

« ハウス・オブ・ローゼの絹軽石! | トップページ | グラマシー・ニューヨークのあまおうロールケーキ&マンゴープリン! »

映画」カテゴリの記事